演技講座 土曜/日曜

対面クラス
日時:
 土曜 17:30~21:30
 日曜 13:00~17:00
練習場所:主に下北沢 か 新代田
料金:4000円→3500円
 土曜、日曜クラスでレベル・内容の違いはありませんが内容は毎回変わります。
TV各局、大手芸能プロも採用のアイゼ・アプローチ
「頭でっかち」「上手にやろう」「マジメ」という技術以前の問題点を取り、「自由になれる」から始めるからゾーンに入る、練習効果を吸収できる
マジメ・躊躇をとる⇒殻を破る⇒自由⇒集中UP⇒脳がノル⇒ゾーン⇒想像力・感情が動く⇒本能が動く⇒リアル演技。効率追求の日常脳と感性脳は全く別もの。違う方向の努力は傷は深くなるだけ。
本講座は演技全般の講座です
※台本練習・キャラクター作り・読み取り・感情開放・心のコントロール・癖をとる・想像力・集中力・表現力・努力のコツなど

アイゼ・メンバーの演技

アイゼは「自然だけど無個性な演技」でなく、「印象に残る特徴的な演技」を目指します。
なぜなら日常では個性的キャラや、おもしろい表現をしているからで、
「自然な演技と言われてるものは、演劇的に小さくまとまった不自然な演技」と考えます。
また演出家はキャラクターの異なる出演者を集めますが、ほとんどの演技経験者はキャラクターを演じれないのでオーディションで有利だからです。

 中国人サギ師 – 役作り一週間の演技 
オーディションでいつも「ふつう~」と言われ諦めた時にキャラクター法を学んでみたら・・
このレベルになると演技賞を狙えるレベルで、実際にこの女性は他の役で演技賞を受賞しています。
※中国語の話せない日本人です

 中国人サギ師 – 役作り二週間の演技 
役を掴んでくるとアドリブが溢れてきて、いろんなテンションで演じ分けられます

 NYでのオーディションで合格した役作り
複数の感情を混ぜると演技は深くなる
役作りの仕上げ段階: 10分のうちにどんどん演技が深まっていきます。
ビフォーアフターの 「ドライバー」という台詞の演技を見比べてみて下さい。
49秒にビフォーの「ドライバー」
2分17秒にアフターの「ドライバー」
2分17秒の方がいろんな感情が混ざってるのが分かります。
それが、よい演技の条件の一つです。
変化の過程がより分かる無編集版はこちら
映画『タクシードライバー』の元ネタになった作品です。

アイゼの練習法

アカデミー賞俳優を多数輩出の以下の練習法をベースにしています。

自然な演技に導く:スタニスラフスキー・システム
感受性を研ぎ澄ます:メソッド演技
キャラクターに変身する:マイケルチェーホフ・テクニック

これらは、演技観・練習内容・努力法が従来の練習法とは違い、思考パターン・性格まで変える力があり、その3つを融合させ、ゾーンに入ることから始めるのが『アイゼ・アプローチ』です。

アイゼ・アプローチは以下の機関で採用されています。
・テレビ各局で演技指導
・演出家・映画監督の『俳優の個性を活かす演出講座』
・最大手の芸能プロダクション
・厚生労働省主催の『緊張をとるWS』
・『なぜアイゼ・アプローチは短期間で効果があるのか?』と国家機関で研究題材

誰でも短時間で良い演技ができて当然の理由

正しい練習なら初心者でも良い演技ができます。
理由は日常で似た経験があり感覚的に知ってるからです。
文章では嘘を書けるので、編集でごまかしていない動画を公開します。

以下の動画4本は体験入学の数時間で上達した初心者です。
※非アイゼメンバー
※これらは個人講座の例で、通常講座ではもう少し時間を要します
※演技力が定着するには継続的な練習が必要です

初心者が『アイゼ・アプローチ』を2時間受講で激変
主婦が演技をしてみたいと言ったら娘が笑った。だけど2時間後の演技は・・
最初は照れていたのが2時間後は集中し、個性的になってます。
正しいスタニスラフスキー、メソッド演技ならこれは普通です。 

8時間で癖をとりリアルな感情で演技する
下手くそを笑われ悔しかったから勇気を出して練習法を変えたら8時間でこうなった
「何も感じてないのに感じてるフリ」をする癖を8時間で取りました。
まず癖を取らないと演技は上達しません。
 
初心者が2時間でバリエーション豊かにキャラクターを作り自由に演技する
最初から役に合った話し方の練習をすると薄っぺらで型にはまった演技になります。
スポーツは最初に自由になるように柔軟で可動域を広げてケガ、小さくまとまらない予防をしてパフォーマンスを上げます。演技も同じで「表現の殻」を柔軟にし、自由に表現豊かにできないと紋切り演技になります。
 
 初心者を5時間で一気に伸ばす臨時WS 
すごく切羽詰まった感じが伝わります。
難しい場面は小さく無難に演じがちですが、切実な感情をむき出しにしてコミカルに表現する難しい演出をしました。難しい場面は無難な演技で逃げてはもったいない、見せ場なのだから!少し経験を積むと変に知識が付き「大げさな演技」と「大げさでもよい場面」を混同し、「大きな演技=大げさな演技でダメ」と勘違いします。日常でも大げさな時があるからいいんですよ。
別の時に外部の経験者50名に、この台本を演じてもらいましたが、誰もこの「初心者・練習5時間」の演技レベルに達しませんでした。
これら初心者の演技は例外ではありません。「正しい練習なら良い演技は誰でもできる」と納得してもらえると思います。

経験者の方、できますか?

経験者の方、これらの初心者の演技できますか?
自由さの無いリアリティー、感情、キャラクターは偽物なので、まず『自由』が重要なんです。
能力差でなく悪い練習での癖が原因で、初心者より経験者の方が上達しにくくなっています。
有名な養成所・演出家に教えてもらってるから正しい練習と信じていても、癖がついたり伸び止まるなら練習法の何かが間違っています。でもその間違いは初心者には分からないものです。
練習の良否の見分け方は、その団体の先輩たちの演技レベルで判断することです。

技術向上より癖をとる方が簡単なのに・・

癖はスポーツでいうとケガと同じです。技術を伸ばす前にケガを治すこと、癖を直すことを優先しないと演技は伸びません。
自分には癖が無いと思ってる人も癖があり、特に伸び止まってるなら癖が原因です。

技術を伸ばすのは今より+アルファの要素が必要ですが、癖を直すのは邪魔をしてるのを取るだけなので圧倒的に簡単なんです。なのに癖がついたり、癖を直せない練習法では演技を伸ばすのはほぼ無理です。

代表的な癖

・表現しようとする→何も感じてないのに感情・動きを押し出す→大げさな外向き演技→表現病
・感じようとする→意識も表現も内にこもる→小さな内向き演技→リアリティー病
・クサい・大げさな演技は良くない→抑えた演技(棒読み・無表情)→無理していない自然な演技と勘違い→ナチュラル病
・型にはまる→特徴のない表面的演技・段取り演技→大げさでもなく、大きな失敗も無いので自分では良い演技と感じる→なんの印象にも残らない「ありきたりの演技」。ほとんどの人がなっています。
※アイゼには上記以外の癖も取る方法があります。

基礎練習

身体的行動
想像のものを使って日常と同様に行動すると、脳は「日常と同じ感覚」になり、設定を信じやすくなり、自然と感情が生まれてくるようになる。世界の演技を変えた画期的な練習法。パントマイムとは別物です。

『ラ・ラ・ランド』ミアの感情をつくる
「感情を込めて」と言われても、こういう準備無しで、これくらい強く具体的な感情は出ません。
アイゼはどの役でもこの準備をします。

感情開放
数分程度の感情開放の練習では、感情を中途半端にしか吐き出せてないので心を不健康にします。 全部吐き出して、常にどんな感情でも出せるようにします。 本番では無理に感情を出すのでなく、自然と漏れるようにしてないと嘘感情の演技になります。 感情開放は誰でも必ずできます。なぜなら感情は誰でも持っているから。

次々と感情が沸き起こる リラクゼーション
心を緩めて、感情も想像力も自然とあふれ出てくる状態にします。

外国語のノリを使ってキャラクターを作る
各言語には、特徴的なテンポがあり、それがキャラクターのテンポを生みます。

あなたは下手じゃない。練習が間違ってるだけ

一般的な演技練習は「大きな声・綺麗に動いて・正面を向いて」と表現のことばかり。でも演技の本質は表現でなく、感情やリアリティーという目に見えない内面です。
だからダンス・歌・発声・滑舌・柔軟など外面の練習では伸びません。教師はそれらが無駄と知ってても内面を教えられないので黙ってます。

あるいは「感情込めて・緊張とって・設定を信じて」と内面のことを言いますが、それは内面を強制してることになります。
『内面は直接は操作できない。間接的に誘導する』が正解で、誘導しないで『直接操作』が伸びない最大原因です。

『直接操作』は感性が鈍る危険な練習です。
日常で心が空回りする事ないですか?
それは無意識のうちに直接操作の癖が出たからです。

そんな教師に下手と怒られ、危険な練習にお金と時間と感性と可能性を削られてます。
生徒を怒り強制し、心を理性的に冷めさせて伸びにくい状態にするのは感性の本質を知らないから。
そんな三流練習では努力は報われません。
演技は誰でも伸びるのに伸びないのは停滞でなく本能を殺してる後退です。

習に矛盾を感じませんか?
段取り演技楽しいですか?
3ヵ月前より伸びましたか?
筋トレ・柔軟をしたかったですか?
想像の世界で感情の演技をしたくないですか?
数時間で出来ることに1年もかけますか?
先輩達は初心者動画より上手ですか?
想像力・集中力・ゾーンの入り方を教わりましたか?
 そんな基本を教えられない教師から学ぶの怖くないですか?
他分野で生徒が下手なら教師の責任。演劇界だけ生徒の責任。おかしくない?
癖演技の人は間違った演技観が染みついて、アイゼの演技観を受け入れられなくなります。
 癖がつく前にアイゼの練習を試しませんか? 普通の方法では癖は簡単には取れないよ!
あなたは下手じゃない、練習が間違ってるだけ!

演技の基本になる『表現』について、考え違いして悪い癖が付いてる人が多いです。
こちらにアイゼの表現についての考え方を書いてますので読んでみて下さい。

申し込み・受講料・入会

体験入学 単発コース
ストリート・アカデミーからの申し込みになります
🔹土曜クラス 申し込み
 17:30~21:30   

🔹日曜クラス 申し込み 
 13:00~17:00 

🔹受講料1回:4000円→3500円
※土曜、日曜にレベル・内容の違いはありません
※練習場所は主に下北沢 か 新代田
※年齢・経験不問
※何度でも申込みできます
※毎週 土曜・日曜は開講していますが、カリキュラムの都合で『リピーター限定の募集』の日もあり、その日はストアカの『対面受講料に含まれるもの—練習時間』欄に記載しています。

体験入学 複数回コース
🔹3回分の料金で4回受講コース こちらから
🔹5回分の料金で8回受講コース→まず4回コースをお申し込みいただき、興味があれば追加料金をお支払いください
※単発コースには無い実技練習あり

 
入会について
🔶入会時の支払い方法は2種類🔶

🔹入会金なしの支払い方法🔹
入会金:なし
月謝 :最初の6か月は2万円。7か月目分からは1万6000円に変更
・入会時に3か月分の6万円をお支払いいただき、その後も3か月ごとの支払いになります。
・6か月後の支払総額:12万円
※最初の支払い額が安く済む
🔹入会金ありの支払い方法🔹
入会金:2万  
月謝 :1万6000円
・入会時に入会金+3か月分の6万8000円をお支払いいただき、その後も3か月ごとの支払いになります。
・6か月後の支払総額:11万6000円
※こちらの方が4000円お得
・入会後は全演技講座(土曜・日曜 8回/月)に出席しても同額です。
・演技講座が増えた場合も全部に出席可能です
(演技講座以外は含まれません)
・入会を促すことは一切ありません

演技クラス入会の詳細は こちら

タイトルとURLをコピーしました